ペップ後任はポッチェッティーノか

2012年から2016年にかけてスポンサー収入を水増ししていたことが判明したマンチェスターシティ。
これを受けヨーロッパサッカー連盟はマンチェスターシティに対して、今後2シーズンにおけるチャンピオンズリーグを含むUEFA主催大会への出場禁止処分と罰金3000万ユーロを科した。
シティはこの制裁を不服として、スポーツ仲裁裁判所に上訴する見込み。
仮に当該不正が認められ、シティがCL出場権を失った場合、主力選手の大量放出は免れないだろう。
選手だけでなく監督も例外ではない。
もしペップ・グアルディオラ監督が退任するならば、後任として考えられているのは元トッテナム監督のマウリシオ・ポッチェッティーノ氏だという。