カードローンを組むと在籍確認をされる

カードローンを契約する時、申し込み者様が本当に働き先に存在しているかという証拠になるため在籍確認は必ず行われます。
ただしカード会社側はプライバシーに最善の注意をして連絡をするので、カードローンの契約などの事や社名を電話で伝える事はありません。
「○○銀行(カードローンの会社名ではない)申し込み者様はいらっしゃいますか?」などの簡単な確認で終わります。
申し込み者様とお電話で変わる事ができれば確認完了です。
もしその日休みの場合だったとしても、勤め先にいると確認ができた時点でカード会社はその後連絡する事はありません。
この場合だと勤め先の人に誰からの電話と質問されても「○○銀行の口座を作った時に不備があったみたいでそれの電話だった。」などと話せばカードローンの電話だとは突き止められる可能性は抑えられます。
返済日までに返済できない場合は遅延金というものが発生し、遅延金は日割り計算で増えていきます。返済期日が過ぎた次の日から20%の遅延金がかかります。
返済期日を守って返済をしていかないと信用もカードローンの会社だけではなく信用情報機関に返済が遅れた事などが記録されるので、今後のカードローンを組んだりする時に不利になる事もあります。
今後の為にも返済日は必ず守るように心がけましょう。
二十歳になったばかりの申し込み者様は信用機関情報がなにも書かれていないホワイトの状態です。
なのでカードローン会社もさらな信用情報からの審査なりますので、過去に携帯料金の未納や、両親の金融事故がない限り、審査を通してくれるカード会社は多いです。
自動契約機での申し込みの場合はその日のうちに審査が終わり即日でカードローンを利用することができますが、インターネットやスマホや郵送での申し込みの場合は審査が通ってもカードの発行まで数日の日数がかかる場合もあります。
ただしカードローン会社にはカードを持たずにキャッシングする事ができるサービスを提供している会社もあります。
その場合は審査が通ったらすぐに利用可能です。
プロミスは土日でも即日融資を受けられる?