窓口に足を運ばずに契約まで完了できる

また、給与振込やネットバンキングの利用などの取引状況に応じて金利を引き下げる銀行もあり、
既存顧客にもカードローン利用を促進していることも特徴的です。
自動引き落としでの返済では、返済忘れのリスクを軽減
契約時点で口座保有が必須のカードローンでは、毎月の返済を自動引き落としで行うケースが多いです。
返済日の前日までに約定返済額以上の残高があることを確認する必要がありますが、
ATMの営業時間を心配する必要はありませんし、ATM手数料の節約にもつながります。
返済日の引き落としは、基本的に銀行の債権であるカードローン返済金が優先されますが、
公共料金など他の引き落としが先に行われることも想定されます。
返済遅れを防ぐために、他の引き落としは別口座にプロミス お金 借りるための設定することをおすすめします。
なお、口座残高が不足した際の自動融資機能が付いたカードローンでも、
返済金については自動融資が適用されないので注意しましょう。
窓口に足を運ばずに契約まで完了できる
一部の銀行や商品を除き、銀行窓口に行かずにカードローンの契約手続きまで完了することができます。
インターネット申込みの場合は、本人確認書類や年収証明書類を画像でアップロードした後、
画面上で契約内容を確認できるシステムが採用されています。
ネット環境が利用できない場合でも郵送で契約手続きを行うことができますが、審査合格から融資まで1週間程度かかることと、
家族が銀行からの郵便物を見て借金の事実がバレるリスクがある点に留意が必要です。