北海道のカラオケ店で高齢者が集団感染

今まで通りの生活に戻るためにはさらなる自粛が求められそうです…
北海道のカラオケ店で、昼カラを楽しんでいた高齢者グループが新型コロナに集団感染し、
北海道はクラスター(感染者集団)が発生したと発表しました。
若者が少ない昼間の時間に高齢者たちが集まりカラオケを楽しむことで
ストレス発散していた方たちも少なくないはずですよね。
しかし、カラオケはいわゆる密室空間で人との距離も近くなりがちになります。
さらに大きな声で歌うので他人の唾液などが飛んでくる可能性もあります。
また、カラオケで使用するマイクも使い回しするので
感染のリスクが非常に高くなってしまいます。
現在の日本ではコロナ第二波が来ているといわれていますが、
インフルエンザのように特効薬が完成するまでは
密室を避けて自粛を続けていかなければなりませんね。