赤字経営ならファクタリングとビジネスローン

経営者の方の中には、うまく事業が回らなくて赤字経営になってしまった、なってしまいそうなのでビジネスローンで資金繰りを検討している方もいるのではないでしょうか。

そこで気になるのが赤字決算でもローン審査に通るのかということです。

ローン審査の仕組み上、利益が出ている会社の場合ではその利益から毎月の返済がどのくらいできるか判断され融資が行われるのですが赤字の場合判断材料の利益がないので当然審査に通りにくくなります。

しかし、赤字決算でもローン審査に通る可能性があるケースもあります。

例えば、仕事で使う器械など減価償却費による赤字や特別損失による赤字、他には不動産など十分な担保がある場合や決算書提出不要のローンの場合です。

銀行のビジネスローンの名前を見ているとよく目にする単語があります。

それは「アクティブ」という言葉です。

どういったローンか見てみると中小規模の会社もしくは個人事業主向けのローン、つまりビジネスローンのことでした。

検索して最初に出てきた七十七銀行の場合では利用条件を見ると無担保、第三者保証人不要という条件で審査を受けられるようです。

このよう地元に営業所などを持っている企業を対象にローン商品を考えている地方銀行も多いようです。

ただし、銀行機関の行うローン商品なので審査期間は長いことも多いです。

そのため短期的に資金を集めたいという方はノンバンク系のローン利用をお勧めします。

事業を始める際の資金繰りで強い味方であるビジネスローンですが様々な機関が行なっていてどこを選べばいいかわかりにくいですよね。

各ローンごとに利率も変わるので借りるタイミングごとにどのローンを使うのがお得かを把握しておくことが大切です。

すぐに資金が必要なときにおすすめなのがプロミスなどが行なっているノンバンク系のローンです。

ノンバンク系のローンではほとんどの場合において審査から融資までが早いですが金利が年6%?18%の間になっています。

逆に、時間に余裕がある場合では銀行融資がオススメです。

担保は必要になりますが金利2%台などで融資を受けられます。

融資で資金調達をする際に最も重視するのはどの部分でしょうか。

それは金利です。

できることなら低金利で借りたいですよね。

そこで、今日は金融機関による金利の相場を調べてみました。

政府系金融機関の融資の場合は、無担保でも2%前後、有担保になると1%台での貸付も行われるようです。

一般的に融資と聞いてイメージする銀行融資では三菱UFJ銀行ビジネスローンの場合、限度額5000万円で年2%台からと低い数字ですが基本的に担保が必要になります。

最後に、融資までの期間が短いノンバンク系のローンの場合は最低6%から最高18%と幅がとても広くなっています。

ビジネスローンで設備投資などの資金集めをしようと考えている方、どのローン活用しようと思っていますか?ジャパンネット銀行のローンを利用するのはいかがでしょう。

このローンのメリットとして、ご利用限度額の範囲内なら何度でも借りることができるという点があります。

他のローンの場合、追加で借りる際には毎回、審査が必要になるのですがこのローンでは不要です。

申し込みもインターネットで完結するので店舗へ行かなくていいのも楽ですね。

しかし、申し込むには1つ条件があります。

それは、Yahoo!ショッピングへ商品の出店歴があるかという内容です。

そのため、Yahoo!ショッピングやあヤフオクへ出店している人にオススメのローンです。

【PR】
ファクタリングおすすめはココ!【急ぎの運転資金調達なら】