好きな物で送り出したい」と言った様々な想いからなる多くのやり方

★準備物
基本的に準備するものは葬儀社との打ち合わせにて説明されるので予め用意するものは少ないです。
事前に準備が必要な物
死亡診断書(逝去時に病院で作成)
喪服
数珠(宗教や宗派により、有無や使用が異なります)
バック(男性はポケットで対応可)
【まとめ】葬儀のやり方
参考:後悔しない葬儀社選び方
葬儀の種類、やり方や流れ、相場のの違いはいかがでしたか?多様化する時代の中で費用面でも大きくニーズが異なっていたり、家族葬の様に「故人との時間を大切にしたい」、自由葬の様に「故人の個性を尊重したい、好きな物で送り出したい」と言った様々な想いからなる多くのやり方がありましたね。
結論としては、どの葬儀が良い・悪いという事はありません。
葬儀は故人にとっても遺族にとっても大切な時間ですのでそれぞれが無理なく、満足いくやり方を選び大切な時間を過ごして頂きたいと思います。