お酒を勧めました

城野の手伝いを申し出た狩野は、眠くなる風邪薬を三木に渡し、送別会の席では三木にお酒を勧めました。
城野に好きな人ができたことを知った前谷は、料理が得意な城野に「3日間、胃袋を掴んだらどうか?」とアドバイスをしています。
終一は操られた大勢の人々をかきわけ、叶絵を人質にしながら劇場のらせん階段を下りる「男」を追いかけます。
そして、繁を窓際に立たせた「男」は叶絵に繁を押させて転落させました。
施術者さん向けの記事にはなりますがパートナーさんがいるかたはプレゼント?や一緒に選ぶ際の参考にでもしてくださいませ。
落ち込む城野に声をかけたのは後輩の狩野里沙子です。
「男」との決戦に向かった終一を追う途中、柴本刑事が叶絵に「終一は化物みたいな回復力を持っている」と言います。
城野は三木の提案に乗り、ライブ当日の21:10発の特急券を購入します。
一部ではTSF系の作品において、性転換した男性が女性の身体で味わう絶頂をこのように表現している例もある。
満島はボールペンを盗んだのは城野で、事件当日に三木を自分の車に乗せるきっかけにしたのではないかと言います。
最後に北川景子のなりすましを突っ込んできたところは、ちょっと蛇足になってしまったかなと思いました。